東大病院でAMH検査を受けました。AMH検査の相場は?

私は東大病院で、子宮内膜症(チョコレート嚢胞)の治療をしています。

と言っても、まだ初回の診察に行っただけで、今回は2度目の通院でした。

AMH検査をしてくださいと主治医の先生に指示頂いての来院です。

AMHとはアンチミューラリアンホルモン(または抗ミュラー管ホルモン)の略で発育過程の卵胞から分泌されるホルモンのことです。

簡単に言うと、AMH検査で卵巣の中の卵子が多いか少ないかが分かります。

AMH検査は保険適用外の検査となります。

私が東京都内の病院のAMH検査の費用を10医院くらい調べたところ、

7,000円~8,000円が相場のように思いました。

また、院内で測定が出来ないクリニックが、検査会社にオーダーをすると5,000円でも赤字になるという情報があったので、7,000~8,000円というのは妥当な価格設定かと思います。

ちなみに、東大病院でのAMH検査費用は5,780円でした。

他のクリニックに比べて比較的安めの価格設定です。

私は初めて知ったのですが、保険適用の治療・検査と保険適用外の治療・検査を同日に行うことは出来ないそうです。

(同時に実施すると、全て保険適用外となる。)

その為、本当は初診の際にAMH検査用の採血をすることもできたのですが、保険適用の兼ね合いで別の日に行くことになりました。

私の旅行の都合等があり、次回の診察の予約がなかなか取れず、

検査結果は2月下旬に教えてもらうことになっています。

正直、とても気になりますが…再来週まで気長に待とうと思います。

*余談*

東大病院の採血ルームは、20台近くの採血ブースがありますが、

私はたまたま初診の時と、AMH検査をした時のブースと担当者が同じでした。

女性のスタッフさんで、

「一昨日も検査されましたよね?」

と声をかけてもらって気づきました。

毎日たくさんの人の採血をしているはずなのに、すごい記憶力です!

「連日大変ですね。」

とお気遣い頂きました。