東京都では不妊検査等助成金を5万円まで受け取れます

体外受精や顕微授精の費用を補助してくれる不妊治療助成金というものがあります。
これは厚生労働省が実施している治療支援事業なので全国で受けることが出来ます。
※条件等は各自治体によって異なります。

では、不妊治療助成金とは別に、東京都では「不妊検査等助成金」の制度があるのをご存知でしょうか。
今回は東京都の「不妊検査等助成金」について調べてみました。

不妊検査等助成金とは?

不妊検査等助成金とは、各種不妊検査の費用を一部助成してくれる制度です。
不妊検査だけではなく人工授精も助成の対象となります。

2017年より東京都で開始したこの助成金はまだ導入をしている自治体は少ないようです。
私が調べた限り、東京以外にはありませんでした。
今後広まっていく可能性はありますね。

助成金はいくら受け取れるのか?

不妊検査等助成金は、5万円を上限に受け取ることが出来ます(1回のみ)
もちろん、不妊治療助成金とは別途受け取れる金額です。

不妊治療の際に、不妊検査は欠かせません。
また、ありがたいことに人工授精やタイミング法の治療費も助成の対象となります。
東京都の方で対象となる方はぜひ申請をしてみて下さい。

対象者の条件は?

不妊検査等助成金には、所得制限がありません
(不妊治療助成金の場合は、世帯年収730万円の所得に制限があります。)

金額も5万円と不妊治療助成金に比べると少額で、1度しか受け取れませんが、対象者の条件は比較的緩やかな印象です。

下記が、不妊検査助成金の対象条件となります。

  • 婚姻関係にある夫婦または事実婚の方
  • 検査開始日の妻の年齢が35歳以下の場合
    ※2019年度から妻の年齢制限が40歳に変更となります。
  • 夫婦がどちらも受けている場合

助成対象となる治療について

助成の対象となる治療は、下記の通りです。

【夫】
精液検査、内分泌検査、画像検査、精子受精能検査、染色体・遺伝子検査 等

【妻】
超音波検査、内分泌検査、感染症検査、卵管疎通性検査、フーナーテスト、子宮鏡検査 等

【一般不妊治療】
タイミング法指導、薬物療法、人工授精 等

申請にはどんな書類が必要か?

不妊検査助成金は申請手続きも比較的簡単で、必要な書類は4つのみです。

  • 不妊検査等医療費助成申請書
    ∟東京都福祉保健局HPからダウンロードが出来ます。自分で記入をします。
  • 不妊検査等助成事業受診等証明書∟東京都福祉保健局HPからダウンロードが出来ます。医療機関に記入をしてもらいます。
  • 住民票の写し
  • 戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)

また、上記書類の送付先は下記となります。

〒163-8001
東京都新宿区西新宿2-8-1
東京都庁第一本庁舎28階
東京都福祉保健局少子社会対策部家庭支援課
検査担当

更に助成金を受け取れるかも!

今回まとめたのは東京都の不妊検査助成金ですが、一部の区(千代田区等)では、区でも不妊検査助成金を受け取ることが出来ます
東京都の助成金5万円をのぞいて、上限2万5000円まで受け取ることが出来るようです。

AMH検査や精液検査も保険適用外の検査となりますので、積み重ねると結構費用が掛かります。
AMH検査だけでも7000円~8000円かかります。
人工授精についても1回当たり数万円かかりますので不妊検査助成金はありがたいですよね。

(AMH検査の相場についてもご覧ください)

私は東大病院で、子宮内膜症(チョコレート嚢胞)の治療をしています。 と言っても、まだ初回の診察に行っただけ...

妊活中でない方にも受けてほしい不妊検査

すぐに子供が欲しいと考えている夫婦以外も、将来子供を欲しいと思っている方はぜひ不妊検査をして欲しいと思います。

私は、健康診断で子宮内膜症が分かって妊娠しにくいかもと言われ、不妊治療をしています。
健康診断を受ける前までは「子供は30歳過ぎてからでいいかな~」と気楽に考えていました。
今ではもっと早くに自分の体について把握していなかったことを後悔しています。

お金の問題ではないと思いますが、せっかく東京都や自治体が援助(推奨)してくれるので、不妊検査については子供を考える前にしておいて損はないと思います。

不妊検査助成金についての詳細